学びなおしブログ Re-learn

40代サラリーマンが会社に頼らず生きるための第一歩を話します。

行政書士試験の委員について。

f:id:field971133:20200728121906p:plain

行政書士試験は当然、試験ですから
試験を作る人も存在するわけです。
 
学校の試験であれば、
授業を受けながら、
その先生のクセなんかを見抜いて、
ここが出そう何て言うことは
なんとなくわかりますが・・・。
 

 
行政書士試験や資格試験については
それがなかなか当てはまらないので難しい。
 
簿記試験や建設業経理士宅建なんかは
割と過去問からの出題を見ていれば傾向を
つかめる!と、断言はできます。
 
が、行政書士試験は、私は傾向をつかむのは
無理でした。似たような問題・・は確かに
出題されるものの、必ずひねってくる。
 
そのひねりに気付かず、学校形式の
勉強をしていたことによって、自分は
遠回りをしてしまいました(恥)。
今年の試験委員は下記に出てます。
 
現役の大阪行政書士、渋谷浩二先生の動画に
詳細を述べておられます。


【行政書士試験】試験委員がかわったので考察してみた

 
 中央大学の牛島教授が退任されており、行政法
難易度は少し下がるのでは・・?という予想。
 
千葉大学の下井教授が新たに加わり、地方自治法
難易度が少し上がる・・・?という予想。
 
國學院大學の高橋教授が、再任されており、
全体的な難易度は上がる・・?とのこと。
 
自分の感覚では、年々難しくなっている感はあります。
が、合格率は上がっている・・。
 
ということは、司法試験などを受ける方が、腕試しで
受験されているのか?と思ったりもしておりますが
そのような状況です。
 
いずれにしても、参考情報ということで頭の片隅に
おいていただければ・・という程度の情報です。
 
試験問題の予測は素人には難しいのでやらないこと!
各予備校の無料動画の情報をどんどんあつめたり、
とにかく今は予想問題集を解きまくりましょう!!
「学びなおし」で一歩踏み出そう!