学びなおしブログ Re-learn

40代サラリーマンが会社に頼らず生きるための第一歩を話します。

働き方が変わる?考え時ですよ、ホワイトカラーの皆さん!

緊急事態宣言が発令され、2週間。
確実に、世の中が変わりつつあります。
 
休日(土日)の街頭での人口減少は、
確実に経済を蝕みます。
また、平日も必要最小限の社員しか出勤しない。
 
この必要最少限って言葉、
意外とみなさんスルーしてますが、
結構サラリーマンにとっては重要な意味を持ちます。
 
必要最少限の定義って何でしょう。
 
最も少ない人数で、必要な業務を回しなさい。
と、仮に定義づけしましょう。
 
現在の状況が続くと、経営者の思考として
絶対に思いつくのが、これです。
 
「あれ?思ったより普通に業務が回ってるな?」
「意外に今の人数でも大丈夫だな」
「いつもなんであんなに忙しそうなのかな?」
 
滅茶苦茶、あほっぽく書いてますが、
思考回路としてはこうなると思います。
 
 
ちなみに下記の記事もそのようなことを書いてます。
 
 
 
とするなれば、
一番最初に疑問符がつくのは「営業」でしょう。
そして、もうひとつ事務所スペースでしょう。
 
特に、日々何もしてなくても受注がはいるような
消費財関係の営業マンについては、その存在すら
危うくなります。
 
また、案件営業タイプ(ITとか不動産、自動車)も
実際、今の人数の半分でも大丈夫なのでは?
という思考が浮かんできても不思議ではありません。
 
事務所スペースに至っては、今後もウィルスは
いろんな形で考えられることもあるため、
固定した机と椅子という考え方自体が、不要になる。
 
どちらにしても、これまでの働き方を
変えざるを得ない状況になることは間違いないでしょう。
 
期せずして、安倍政権が掲げていた
働き方改革」が成り立ってしまいます。
 
今までどちらかというと、間接部門の
合理化はIT等により実現されてきましたが、
私は、これからは、一番手が付けにくかった
営業の合理化がフォーカスされると考えます。
 
そうなったときに困らないように、備えと構えが
必要ですので、準備しておきましょう。
 
何度も言いますが、まずは資格です。
頑張って取得しましょう!!
 
「学びなおし」で一歩踏み出そう!