学びなおしブログ Re-learn

40代サラリーマンが会社に頼らず生きるための第一歩を話します。

行政書士試験 合格者説明会に参加。次の目標決定!

2019年の2月からこの合格者説明会までの間の記憶が
ほとんどありません。何をしてたんやろう?と思い出そうとしても、
全く記憶になく、ただ、息子の受験と、自分の行政書士試験の為に、
中断していた極真空手(実は茶帯です)には何度か顔出しましたが、
ボコボコにされたことくらいです。
 
何もしなかった二カ月ほど・・・
おそらくそれまでの激務から解き放たれて、次の目標が無いまま
というか、どうしていいのかわからずにいた状態です。
 
と、同時になんとなくですが、焦っていた感覚はあります。
せっかく取得できたのに早く独立しないと!早く事務所を
見つけないと!ということと、前回書いたように、いや待て待て
という自分がいて、ずーっとそんなことばかり考えて
前に進めなかったんでしょう。
 
合格者説明会に参加!次の目標は・・・簿記だ!
そんななか、2019年3月22日にDAWNおおさかにて行政書士試験
合格者説明会がありました。
 
行政書士法の説明や、大阪府行政書士会についてなどの
一通りの儀式的な説明を聞いたのちに、非常に参考に
なったのが、先輩行政書士の体験談でした。
 
その中でも、堺市のアモンド法務事務所の先生の説明が
非常に印象に残りました。正直プレゼンテーション自体は
他の先生と比較して、うまくは無いのですが、派手さが無い分、
実直な活動をしておられるであろうことが想像できました。
 
その先生は独立までには合格後1年ほど間が空いておられて
その間に学んだこと、、ということで、簿記であり、中でも
建設業経理士の資格に挑んだということでした。
 
そうなんです。
私の中での芽生えていたいろんな疑問が氷解した瞬間でした。
 
行政書士になろうというのに、その業界のことや、お客様の
ことを全く知ろうとしていないのに、開業のことばかり
焦って考えていた自分がいることに、気づかされます。
 
同時に、知らんから想像ができないのは当たり前なんです。
まだまだ、自分には足りない部分がある!ということで
挑戦を始めたのがこの先生のおかげです。
 
お客さんと話するのに、簿記の知識や、建設業のことも
何もわからないまま応対するのは失礼極まりないし、
何よりも信頼されないであろうことは、明白ですよね。
ということは、それなりの知識を持って挑むべきである
ことが明確になり、よし、簿記やるぞ!という自分の
進むべき道がみえました。
 
この説明会には参加してよかったです。
やはり生の声をしっかり聴くことは何よりも大事ですね。 
 
「学びなおし」で一歩、踏み出そう!